NYJSAメンバーインタビュー 神保 雄人くん

神保 雄人

現在、CUNY Baruch College在学中。

ーーニューヨークへ来た理由はなんですか?

大きな理由は二つあり、一つは他州からビジネススクールへの編入を考えていた際にコスパも良くここで勉強したいと思える大学がニューヨークにあったため。二つ目はせっかくアメリカに留学しているのだから一つの州で留学生活を終えてしまうのは勿体無いと思ったからです。編入前はシリコンバレーにあるコミカレに通っていてシリコンバレーでしかできない体験を多くする事が出来たその反面、シリコンバレーは「エンジニアの町」といった感じでとてもニッチな場所でバリバリ文系で経営学などに興味があった僕にはニューヨークの方が勉強するには最適で可能性も多いと感じた点も大きかったです。なんてかっこつけた事を書きましたが、「ニューヨーク留学=超クール!」という単純な憧れがニューヨークに来た最大の理由です

ーー学校での勉強内容を教えてください。

現在の学校ではManagementもしくはMarketingを専攻する予定でそこに必要な(Pre-Rquirement)クラスを履修しています。コミカレ在籍時はアート、英語、フットサルなど一般教養クラスに加えてビジネス系のクラスも受けていました。

ーーなぜその勉強をしようと思ったんですか?

将来的にやりたい仕事に必要なことが学べると思ったから

ーー一番大変だった授業はなんですか?

コミカレ在籍時に受けたCritical Thinkingの授業です。この授業は一番大変だったと同時に一番面白かった授業でもあります。 授業の概要はおばあちゃん教授が持って来るリーディング、ニュースや映画などからメインアイデアを分析しそのアイデアが現代社会の人間にどう当てはまるかを自分のアイデアを交えて考えてねといった感じです。なんともアメリカっぽい授業で面白そうだなといった軽い感じで取った授業でしたがふたを開ければ教授が持ってくるトピックは西洋哲学関連の古い文献からがメインで哲学への知識も興味もゼロだった自分にとっては大変でした。また古い文献だったためか現在では使われてない単語や文法が多く使われていた点と哲学書独特の抽象的な言い回しに苦戦しました。そんな中でもいくつかの哲学者のアイデアからは今の自分の物の見方や考え方の軸となる事も学べて勉強になりました。例を挙げると長くなってしまうのですが、プラトンの洞窟の比喩なんか面白いので興味あればググってみて下さい。

ーー英語が伸びたと実感したのはいつですか?

留学から1年と数か月経ったときに日本から友達を呼びアメリカを横断した際にスピード違反3回、駐禁2回、事故1回の全てのトラブルに対して警察、保険屋、レッカー屋などの対応を全て一人でこなした時に過信に近い自信がわいて「俺なんか英語喋れるてるぞ」って思いました。

ーー今後の目標はなんですか?

人生を本気で楽しむ!

ーー留学を考えている学生へ一言お願いします。

留学して何をしたいかが大切だと思います。NYJSAでは皆さんが楽しめるイベントや就活情報なども発信して行きますのでチェックよろしくお願いします!

ーーインタビューありがとうございました。

ありがとうございました。

#活動記録 #留学

Contents
まだタグはありません。
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square